豆乳甘酒の効果・効能とは 豆乳の成分は脂肪を減らす!?

豆乳甘酒がとっても流行っていますよね

なんでも、女優の永作博美さんがテレビで愛飲しているのを紹介していたからのようです

 

永作博美さんって、とっても色白でかわいらしい女性ですもんね

女性の憧れですよね  真似したくなっちゃいますよね

 

豆乳甘酒の作り方

豆乳甘酒

 

わざわざ豆乳甘酒の作り方って書きましたが、とくにコツっていうのはなく、だいたい1:1の割合で混ぜて、好みの味にするといいようです。

 

豆乳は、調整豆乳と無調整豆乳があるので、甘酒で甘味があるので、無調整豆乳がオススメかもしれません。

 

甘酒は、米と米麹から作られているものを選んでください。 

   酒粕からつくられたものは、後から砂糖を足していることが多いです。 米と米麹からの甘酒は、発酵してできた自然の甘酒です。

 

飲みにくい場合もあるでしょうから、いろいろ混ぜて試してみるといいでしょう

 

Sponsored Link

豆乳の効果・効能とは

豆乳を大豆を水で煮て、それを絞った汁です。  絞りかすが、おからです

植物性のたんぱく質と糖質を含んでいます

 

豆乳のイソフラボンの摂取量は、1日に50mg程度が目安とされています。

豆乳100mlにイソフラボンは、25mg程度含まれていますので、200mlの豆乳を毎日飲むのはいいでしょう

 

コップ1杯の豆乳を飲むことで、以下の効果・効能が期待できますよ。

即効性があるわけではないので、日々の生活に取り入れるといいと思います

 

豆乳のたんぱく質は、肉類のように栄養価が高く、良質といわれています。

肉類ですと、コレステロールの事を考えないといけませんが、植物性ですので、逆にコレステロールを下げてくれる働きもあるのです。

 

女性ホルモンであるエストロゲンに似ている成分(イソフラボン)

 ・肌のハリや保湿作用があり美容にいい

 ・更年期障害の症状であるのぼせやめまいなどにいいとされています

 ・生理不順や生理痛

 ・乳がんの予防対策

 ・骨粗鬆症の予防

 ・エストロゲンが骨を丈夫にするため

 

カルシウム含有骨

 ・骨や歯を作り、イライラを抑える  

 

便秘対策 

 ・オリゴ糖が含まれているので、ビフィズス菌を増やす

 

 

悪玉コレステロールの低下(リノール酸)

 ・血液をサラサラにしてくれますので、動脈硬化にいいともいわれています

 

血糖値や血圧を下げる

 

中性脂肪を減らす(サポニン、レシチン)

 ・血管についているコレステロールを溶かす働きをし、また付着しないようにもする

 ・肝臓の中の脂肪にも働くので、お酒を飲む人が気になる脂肪肝予防にも効果が

 

ビタミン

 ・ビタミンB群により、イライラが落ち着き、集中しやすくなる

 ・ビタミンEは、活性酸素の抑制をする

 

脳の活性(レシチン)

 ・記憶力やボケ予防効果

 

 

豆乳甘酒を飲むと

 飲む

米と米麹からの甘酒と豆乳にはともに、オリゴ糖が含まれています。

そのため、腸のビフィズス菌を増やすことができます。 そして、甘酒には、食物繊維が含まれていますので、

便秘対策に最適です

 

美肌を保つためには、腸を綺麗しておくことが重要です

小腸から栄養を吸収していくため、便秘をしていると栄養がきちんと吸収できず、肌荒れを起こしたりします

 

 豆乳甘酒をコップ1杯飲んで、美容や健康を保ちましょう

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ