米麹の甘酒から米酢ができる!?料理やドレッシングの活用も

 

米と米麹から作られている甘酒は、酒や酢を作るのと同じ原料なのです。

 

甘酒から米酢が

甘酒はできたものは、通常、冷蔵庫で保存をします

食べきれない場合は、冷凍庫での保存も可能です。 冷凍庫で保存して、そのまま食べるとシャーベットにもなっておいしいですよね

冷蔵庫や冷凍庫で保存することで、発酵が止まります

 

その甘酒を常温で置いておくと、だんだんと酸味がでてきます。

発酵がすすんでいくので、すっぱくなってくるのです

これが「米酢」として利用できます

 

甘酒から、炭酸ガスの泡が発生しますが、このまま放置していくと酢になります

 

甘酒として飲むのに余ったりすると、米酢で活用できます

 米酢2

販売されている米酢の作り方

醸造酢

 米と米麹と水で甘酒を作り、

 酵母を加えもろみができ、

 種酢を加えて米酢になります

とってもまろやかな味に仕上がります

 

合成酢

 合成で作られた酢酸と化学調味料を加え人工的に作ったものです

ツンとした強い酢の匂いがします。(この匂いがイヤで酢が嫌いな人もいますよね)

 

Sponsored Link

 

料理に活用しよう

甘酒は、飲み物として、そして料理にも使用できますよね

 

この甘酒からできた米酢も料理に使用できます。

また、ドレッシングを手作りして利用すると販売されているお酢だと合成のものも多いですが、これは、自然のものですので体にもとてもいいです

アミノ酸が豊富に取れますし、疲労回復や、高血圧を抑制してくれます

 

また、掃除や植物などにもお酢を活用するのもいいと思います

殺菌作用もありますし、酢ですから子どもにも安全です

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ