甘酒は飲む点滴とよばれる理由は生きる為に必要な栄養素が多い

 あまざけ画像

甘酒は飲む点滴とゆわれており人間が生きるために必要な栄養素が多く含まれているんです。サプリメントなどで、ビタミン剤を取るより、「甘酒」は、90%以上の吸収率があるそうです。

 

病院で、風邪や、体調不良で点滴をすることがあると思います。 その中に入っている主な成分が「甘酒」にも含まれている、ブドウ糖やビタミン類なのです。

 

よく、疲労回復に「ニンニク注射」というのがあると思いますが、にんにくの主成分であるビタミンを注射しているのです。

 

また、美容のための点滴や注射もありますが、ビタミン類やブドウ糖などが含まれています。 

 

女性にうれしい食物繊維や、ミネラル、オリゴ糖などもはいっていますから、一度に多くの栄養素を摂取できます

 

「甘酒」は、健康にも美容にもいいすぐれた発酵食品です

 

食物繊維が豊富で腸内環境を整えてくれるとゆう意味からジャパニーズヨーグルトとも呼ばれています

 

では甘酒にはどのような成分が入っているのでしょうか

 

Sponsored Link

ブドウ糖の効能

脳の与えるただ一つの栄養素集中力や記憶力など脳を活性化させる役目があります。ブトウ糖が不足してしまうと逆の効果が起こり、集中力がなくなり、思考力や記憶力の低下、疲れが抜けにくい、などの症状がでやすいといわれています

 

 ビタミンB群の効能

ビタミンB群には8種類ありビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パンテトン酸、葉酸、ビオチン

体に溜めておく事ができないものなので不足しがちな栄養素でもあります

 ビタミンB1は主に疲労回復の役目などがある

ビタミンB2は動脈硬化や脳卒中の原因でもある過酸化脂肪の分解作用など

ビタミンB6は免疫機能を正常に保つ作用があるのでアレルギー症状が改善されることも

ビタミンB12は悪性貧血を防ぐ

ナイアシンは脳神経の働きを助けたり、血行をよくする作用

パントテン酸はストレスに耐える副腎皮質ホルモンの精製を促すので抗ストレスビタミン

ビオチンは髪や皮膚などに重要な役割があり不足すると脱毛や皮膚炎まども起こる

 

アミノ酸の効能

 

人間の体をつくる20種類のアミノ酸の中で、体内で合成できない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいます

甘酒にその体内で合成できない必須アミノ酸9種類が入っています

 

 種類  効果・効能
イソロイシン  成長促進や神経機能 
 ・ロイシン  肝機能を高め、筋肉強化
 ・リジン  たんぱく質の合成に欠かせないもので肝機能の向上作用
 ・バリン  血液中の窒素バランスを調整したり、筋肉や肝機能を強化
 ・メチオニン  抗うつ剤としての効果や解毒や利尿作用がある
 ・フェニルアラニン  精神や活力を高める作用がある
 ・トリプトファン  肝臓や腎臓で分解されてエネルギーとなる。精神安定作用や抗うつ作用もある
 ・スレオニン  成長を促進し肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ
 ・ヒスチジン  ストレス軽減、精力増強、成長促進

  

甘酒からこれだけ高い栄養がとれるんですね。飲む点滴=甘酒と呼ばれる理由がこれでわかりますね

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ