甘酒とは 甘酒の基本知識を知っておこう

あまざけ画像

     メディアや店頭で話題となっている「甘酒」

 

砂糖のように甘みがあるので、砂糖がはいっているのでは??と思う人も多いと思いますが、 米とこうじ(麹・糀)からつくられている「甘酒」は、砂糖がはいっていません

天然の甘みなのです!

ただ、酒粕から作っている「甘酒」は、砂糖が含まれていることが多いですそのため、原材料を注意してチェックすることです

 

 

米に麹菌を混ぜ、繁殖させると酵素が発生し、その酵素で米に含まれているデンプンが分解されてブドウ糖となる。 

このブドウ糖が、砂糖のような甘みをだします

 

Sponsored Link

「飲む点滴」 と、甘酒はいわれているが、病院で点滴をするときに使われる成分にブドウ糖が入っているからといわれています。  

それだけ、栄養が沢山入っているのです。

 

昔は、夏の風物詩のように甘酒が飲まれました。 

  「甘酒」は夏の季語です 

 

それは、夏の暑さで夏バテをしないようにと、「甘酒」を飲む習慣あったからです。

 

いまは、冬の飲み物という感じがしますが、年中を通して利用するといいと思います。

大手メーカーでは、夏にあう「冷やし甘酒」を販売しているところもあります。

 

 「甘酒」は、こうじ菌で作ったものは、ノンアルコールですし、酒粕から作ったものは、多少はアルコール分が含まれています。

米とこうじで作った甘酒は、子供からお年寄りまで飲めるので、かなり、重宝するでしょう

 

また、料理に使ったりと利用範囲はとってもひろいです

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ