甘酒でシミ・肝斑予防、肌の美白対策はコウジ酸のおかげだった

        紫外線

甘酒が紫外線によるシミ・肝斑対策にいいといわれています

 

それは、麹菌から作っている甘酒にはコウジ酸が含まれているからです。

 

コウジ酸は、多くの美白化粧品の成分であるアルブチンやハイドロキノンなどと一緒に含まれています。

 

シミができるメカニズム

         ターンオーバー

  

皮膚構造の中にメラノサイトがあり、その中でメラニンが生成されています

メラニンは、紫外線を浴びた時の肌を守るためのものです

しかし、紫外線を浴びすぎると肌をさらに守ろうとするため、メラニンが黒くなります。

 

小さい頃は、外でたくさん遊んでも、シミができなかったのは、お肌のターンオーバーがよかったからです。

ターンオーバーとは、皮膚構造で、古い角質をアカとして外へだしていき、新しい細胞に生まれ変わらせています。

これが、通常は、28日周期で行われます。

しかし、年齢とともに、ターンオーバーのサイクルが遅くなると、メラニン色素が沈着します。

その結果、シミができてしまうのです。

 

Sponsored Link

コウジ酸はどのようにシミに働きかけるのでしょうか

麹

メラニン色素を作るのを高めてしまうチロシナーゼというのがあります

このチロシナーゼの働きをコウジ酸が抑えてくれるのです

そのため、甘酒がシミ対策になるのです

          シミ

また、ビタミンなど多くの成分が甘酒に含まれているため、紫外線を浴びたほてった肌をすぐに冷やすのも大事なので、

肌に直接塗るのもシミ対策ができるのではないでしょうか。

 

糖化を防いでくれるコウジ酸

「酸化」という言葉は、よく聞くと思います。

通常の量の酸素を取り込むことは体に必要ですが、過剰に酸素を取り込むことで、

活性酸素が発生します。

この活性酸素が過剰に分泌すると、細胞を傷つけてしまうのです  

そのため、「肌が老化」するのです

          simi

最近は「糖化」というのも、肌を老化させるといわれています。

「糖化」とは、体内にある「たんぱく質」と食べ物から摂取する「糖」が反応することをいいます

甘いものの取りすぎは、太るだけではなく、肌をも老化させるのです!!

           糖

肌のたんぱく質は、コラーゲンやエラスチンなどで、糖化したたんぱく質は、弾力性がなくなるなど、肌の老化現象が起きます

 

 

「糖化」すると、AGEsという物質が作り出させます。これが、老化の原因なのですが、

コウジ酸は、このAGEsが作り出されるのを抑制してくれるのです。

このため、甘酒が肌にいいといわれているのです

 

 

 

 シミ対策には、質のよい睡眠も

お肌を健やかに保つためにも、睡眠が大事です。

熟睡に入った後、数時間が成長ホルモンがとってもおおく分泌されます。

これは、肌の細胞を生まれ変わらせ、ターンオーバーも促進してくれますから、シミ対策にはいいです。

 

ただ、成長ホルモンの分泌は10代が一番ピークで、その後、減少していきます

成長ホルモンが多く分泌する夜22時~02時には、寝ている状態を作るべきという話もありますが、

できるだけ、早い時間帯に寝ることが必要ですし、睡眠の質がよくなければ成長ホルモンが多く分泌されません。

 

          睡眠

 

コウジ酸でシミが薄くなったという実験結果もあるようですので、

ぜひ、試してみる価値はあると思います。

ただ、甘酒は、薬ではないので、気長に継続するといいでしょうね

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ