乾燥麹と生麹の違い?その保存方法も異なる

甘酒には、米と米麹から作るものと、酒粕とお砂糖を混ぜてつくるものがあります。

 

最近では、お家で手作りする人も多いようです。

酒粕で作るなら、アルコールは含まれますが、とっても簡単に作れます。

酒粕と水と砂糖を混ぜるだけです

 

 

米と米麹から作る甘酒は、米をおかゆにしたり、温度調節で甘さが変わったりするので、

酒粕から作るよりは手間ですが、炊飯器でほったらかしで、作っている人も多いです

 

Sponsored Link

米麹には、生と乾燥がある

 

麹

 

生こうじは、そのまま使えますが、数日から1週間ほどしか日持ちがしません

生麹を手に入れてから、すぐに使用するのであればいいと思います

 

乾燥こうじは、生こうじから水分を取っているので、長期で保存することができます。

そのため、必要な量だけ使い、また、保存しておくということができるのです

使用するときに、水分を加えてふやかします

 

ちなみに、生こうじで作る甘酒のほうが風味があるという人もいますね

 

麹は、置いておくとどんどん発酵していきます・・・・。

 

冷凍できるの??

どんどん発酵してしまうと、味も変わってしまいます

冷凍はできるのでしょうか????

 冷凍

米麹は、冷凍できます!!!

酵素は、死滅するのではなく、寝ているだけとなるようです(いわゆる、冬眠)

そのため、また、常温に戻すと、酵素が生き返ります

 

解凍するときは、常温などで解凍をしないと、高温で加熱すると、これこそ、酵素が死滅します(-_-;)

 

甘酒を、米麹でたくさん作ったのであれば、冷凍しておくといいです。

作ったまま置いておくと、発酵が進んで、酸味がでてきます。

せっかくの甘い甘酒なのに、すっぱいと残念ですよね

 

米麹と同様に甘酒も、解凍するときは沸騰させずに、加熱する温度を低めにしてくださいね

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ